SMBCモビット審査を攻略!審査落ち回避の法則とは?

SMBCモビットで延滞をしたら…督促のハガキでバレる恐れも

ちょっとした出費にもすぐに対応できるカードローンって便利ですよね。でも、お金を借りた以上、しっかりと返済をすることがカードローン利用者としてのルールとなっています。

もし返済をすることができず、ルールが守れなかった場合、延滞扱いになりますので注意しておきましょう。延滞をした場合は「遅延損害金」の支払いだけではなく、内緒でカードローンを利用していたことがバレる恐れもあります。

SMBCモビットのカードローンを利用する際も、借りたお金はしっかりと返済することがルールですが、もしも延滞をしてしまった場合、ハガキで延滞の督促状が届くことがあります。内緒で借入をしている方は、特にご注意くださいね。

カードローンの延滞はダメ!返済は利用者としてのルール

まずはSMBCモビットのカードローンを利用する上での基本的なルールからチェックしていきましょう。カードローンを利用する際には、次のようなルールをしっかり守るようにしてください。

  • 必要以上のお金を借りない
  • 返済日は必ず守る
  • 利息を忘れずに支払う

カードローンでお金を借りたらそれで終わり、というわけではありません。むしろ、お金を借りてからが重要なのです。

カードローンはあらかじめ返済日が決められていますから、必ず返済をしなければなりません。そのことを考えた時に、必要以上のお金を借りてしまうと、延滞トラブルの原因になります。

また、SMBCモビットには「無利息キャッシング」がありませんので、初回契約者の方であっても利息の支払いは必須となります。

以上のポイントを踏まえた上で、正しいカードローン利用を心がけていきましょうね。

延滞した場合の適切な対処法

では、もし返済することができず、延滞してしまった場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか?

返済できなかった、延滞をしたという自覚がある方は、すぐにSMBCモビットのコールセンターまで連絡し、延滞をしたという旨を伝えてください。

その後、できるだけ早く延滞した金額と「遅延損害金」を支払いましょう。SMBCモビットの場合は20.0%(実質年率)の遅延利率となっています。もともとの利息とは別の支払い額となります。ご注意くださいね。

以上のように、延滞をしたことをすぐに連絡し、素早く返済をすることができた場合は、大きなトラブルにはなりません。誤って延滞をしてしまっても、適切な対処を取れば大丈夫ですよ。
【関連記事】

延滞の督促状!SMBCモビットからハガキで通知されることも

しかし、次のようなケースは大きなトラブルに発展する恐れがあるので要注意です。

  • 延滞の状態を放置している
  • そもそも延滞に気付いていない
  • 既に返済の余裕がなくなっている

延滞していると気付いているにもかかわらず、意図的に返済をしない場合はもちろん、自分が延滞していることに気付いていない場合も、どちらも大変な問題行動です。

こうした問題行動が起きている場合、SMBCモビット側からみなさんの自宅まで「督促状」としてハガキが届くことがあります。

ハガキによって延滞していることを通知されるので、家族などの同居人と一緒に暮らしている方の場合は、SMBCモビットで借入をしていることがバレる恐れも考えられます。最悪の状態に陥る前に、適切な対処を取ることをおすすめします。

延滞の放置は絶対にNG

延滞をしてしまう理由は人それぞれですが、もし既に返済をする余裕がなくなっていることが原因なら、「返済が不可能である」という旨も併せてSMBCモビットに伝えなければなりません。

返済ができないからといって、何も言わずに放置し続けることは絶対にNGです。結果的に金融ブラックとして処理されてしまう恐れもあります。

SMBCモビットでは、直接話し合うことによって「任意整理」などにも応じてくれますので、どうしてもカードローンの返済が無理!という場合は、一度相談をしてみてくださいね。

督促のハガキ以外にも気をつけて!自宅に届く主な郵送物

SMBCモビットでカードローンの延滞をした場合は、督促のハガキによって通知されることになるため、内緒で借入をしている方の場合、自宅に届く郵送物には十分に注意しておきたいところです。

実はSMBCモビットからみなさんの自宅に届く郵送物は他にもあります。こちらは延滞をする・しないに関わらず届く可能性があるのでご注意ください。

SMBCモビットから届く主な郵送物としては、次のようなものが挙げられます。

  • 入会申込書などの書類
  • モビットのキャッシングカード
  • 利用明細書や領収書

入会申込書などの必要書類は、後日SMBCモビットに返送する書類もありますので、カードローン契約の際には自宅まで郵送されます。発行したカードも同様ですね。ただし、WEB完結申込を利用した場合は郵送なしで契約が可能です。

明細書・領収書はネットで確認可能

その他、借入・返済をした際の利用明細書や領収書が自宅に郵送されることもあります。

提携ATM、振込キャッシングで借入をした場合は利用明細書が、口座からの引き落とし、提携コンビニからの返済、銀行振込で返済をした場合は領収書が郵送されることになっています。

ただし、郵送してほしくない場合は郵送なしにすることも可能ですので、SMBCモビットにお願いしてみると良いでしょう。

SMBCモビットの会員専用サービス「Myモビ」では、利用明細書や領収書をネットでダウンロードできるサービスも行っています。内緒でカードローンを利用したい方は、郵送ではなくネットで確認してみてくださいね。

延滞は自分で防ぐ!カードローンの借入は無理のない範囲で

以上でお話ししてきたように、カードローンの延滞をした場合は督促のハガキが自宅に届く恐れがありますので、内緒で借入をしている方は特に気をつけておきましょう。

もちろん、延滞をしないよう注意することも大切です。カードローンの延滞は使い方次第。みなさん自身で防ぐことができるものなので、無理のない範囲でお金を借りるなど、しっかり対策を取っていきましょうね。

閉じる
閉じる