SMBCモビット審査を攻略!審査落ち回避の法則とは?

SMBCモビットの解約方法。カードローンはもう使わないという方へ

以前はカードローンをよく使っていた。でも最近めっきりお金を借りることが少なくなった…という方も多いかと思います。借入を目的として契約したカードローンでも、利用する頻度が少なくなってきた結果、全く使わなくなってしまうこともありますよね。

そんな時は迷わず解約することをおすすめします。ここではSMBCモビットの解約方法についてご紹介していくことにしましょう。SMBCモビットのカードローンをもう使わない!という方は、ぜひ碁参考にしてくださいね。

カードローンを使わなくなったら、そのまま放置せずに解約手続きをした方が信用的にも問題がなくなります。特に高額ローンの契約などを考えている方は、早めに解約手続きを行っておくと安心でしょう。

もう使わないカードローン、どうする?放置したままはNG

カードローンを使う理由は人それぞれですが、生活費の足しにしたり、いざという時のために契約しておいたり…といったケースが多く見られています。

何かと便利なカードローンですが、みなさんは「最近お金を借りてないな〜」と感じることはないでしょうか?そう感じることが増えたら、今がカードローン解約のタイミングかもしれませんね。

たとえ現在カードローンで借入をしていなかったとしても、使わなくなったカードローンを放置したままでは、まだカードローンの契約が継続している状態です。

使っていないというだけでカードローンの契約者であることに変わりはないため、完済はしていても信用情報としてはカードローン利用者のままなのです。

こうした状況は、高額のローンなどを契約する際のデメリットになる恐れがあるので、使わないカードローンは放置せず、解約してしまった方が良いでしょう。

カードローン契約は高額ローン審査にも影響

高額のローンとして代表的に挙げられるのは、自動車ローンや住宅ローン、リフォームローン、フリーローンなどですが、現在カードローンを契約している場合、審査に影響が出やすくなります。

  • 契約中ならまたカードローンで借りるかもしれない
  • ローンの返済に影響が出るかもしれない
  • そもそも完済はできているのか?

以上のような理由が考えられることから、カードローンを契約したままの状態で高額ローンの審査を受けても否決という結果になるケースもあるのです。

もしSMBCモビットのカードローンを既に完済しているのであれば、併せて解約手続きも行っておきましょう。

続いてはSMBCモビットにおけるカードローン解約の流れについて見ていきたいと思います。

解約方法が知りたい!SMBCモビットの退会手続きの流れ

SMBCモビットのカードローンを解約するには、まずSMBCモビットのコールセンターに電話をかけることから始めていきましょう。

SMBCモビットのコールセンターは、営業時間が9:00〜21:00となっています。営業時間外では解約手続きが行えませんので、ご注意くださいね。

電話をかけたら、コールセンターのオペレーターの指示に従って、カードローンの解約手続きを行っていきます。解約後はSMBCモビットの会員ではなくなりますので、同時に退会手続きということにもなりますね。

解約手続き前に要チェック!

カードローンを完済している方の場合、電話で手続きを行えば、解約することが可能です。使えなくなったカードはSMBCモビット側に返却する必要はありませんが、念のためハサミを入れておくと良いでしょう。

けれども、まだカードローンの返済が残っている場合、今すぐに解約することは残念ながら不可能です。解約は完済してから、というルールがあります。

  • 返済額は残っていないか?
  • 利息はすべて支払えているか?
  • 手数料の支払いも済んでいるか?

解約手続きを行う前に、以上のポイントをしっかりチェックしておいてください。みなさんが支払うべき金額を完済できたら、晴れて解約手続きを行うことができますよ。

カードローンの「解約証明書」って?発行をしておくと◎

無事にカードローンの解約が済んだら、みなさんはもうSMBCモビットでお金を借りることはできません。これは当然のことではありますが「カードローンを解約した」という証拠にはなりませんね。

間違いなく解約手続きを行っていたとしても、解約したという事実を周囲に対して知らせることが難しいため、高額ローンの審査を受ける際にも正式に証明をすることができないのです。

正式な証明をするには、しっかりと「解約した」という証拠を示すことが必要となります。そこでおすすめしたいのが「解約証明書」の発行です。

  • カードローンを解約したことを証明できる
  • 解約した事実を書面で残すことができる
  • 高額ローン審査時にも役立つ

解約証明書には「カードローンを解約した」という証拠を書面で残すことができるため、高額ローンの審査を受ける際にも役立てることができる、というメリットが期待できます。

「完済証明書」では不十分な場合も

SMBCモビットでも解約証明書を発行することはできますが、注意しておきたいのは「完済証明書と間違わないようにする!」というポイントです。

  • 解約証明書→解約したという証拠
  • 完済証明書→完済したという証拠

同じ証明書でも「解約したこと」と「完済したこと」とでは大きな違いがあります。

完済証明書だけでは、まだカードローンを契約していると判断されるため、「今後も借入をするかもしれない」という状況に見られてしまいます。

「もうカードローンは使わない!」ということを示すためには、完済証明書ではなく解約証明書という証拠が必要となるわけですね。高額ローンの契約を希望している方は特にご注意ください。

借入しないなら早めに解約!カードローンは賢く使って

SMBCモビットのカードローンは便利なサービスですが、もう借入をしないのであれば、早めに解約手続きをしてしまった方が良いでしょう。こちらでご紹介した解約方法を参考に、必要な手続きを行ってくださいね。

また、解約後は「解約証明書」を併せて発行しておくことで、今後ローン契約をする際に役立つ可能性があります。解約証明書の発行も電話でOKですので、解約手続きを行う際に一緒にお願いしてみると良いでしょう。

【関連記事】

SMBCモビットのカードローンを解約したい!完済後にやること

閉じる
閉じる