SMBCモビット審査を攻略!審査落ち回避の法則とは?

すぐにSMBCモビットに連絡を!返済遅延の最善の対応

お金を借りたら、利息を付けて返すこと。これはみなさんがカードローンを利用する上で最低限守るべきルールです。もし返済を遅延してしまったら、返済することができなくなってしまったら…これではカードローンを正しく使えているとは言えません。

ここではSMBCモビットを利用しているみなさん、これから利用予定のみなさんに向けて「もしカードローンの返済を遅延してしまったら」というポイントについてお話ししていきたいと思います。

カードローンでお金を借りる以上、返済を遅延することは絶対に避けておきたいことですが、万が一の時のことを考えてトラブルの対処法をしっかりチェックしておきましょう。

無視は厳禁!まずはSMBCモビットに連絡を入れることから

SMBCモビットのカードローンを利用しているみなさんの中には、借入・返済を計画的にできている方もいれば、返済がちょっと不安…という方もいらっしゃるかと思います。実際に返済トラブルが起きてしまうこともありますよね。

  • 返済日を忘れていた!
  • 利息を払うのを忘れていた!
  • 今月の返済額を全部払えない!

こんなトラブルが起きてしまった場合、みなさんがまずするべきことは何でしょうか?

遅延した理由は正直に話すように

もし何らかの返済トラブルが起きたら、真っ先に利用中のSMBCモビットに連絡を入れることが大切です。間違っても無視することはNGですよ。

SMBCモビットのコールセンターに電話をかけて、「カードローンの返済が遅延している」という旨をしっかり伝えてください。

返済ができなかった理由を聞かれた場合は、正直に理由を話しましょう。変にごまかそうとしても、遅延したという事実は変わりませんし、かえって怪しまれてしまいますからね。

また、カードローンの返済を遅延した場合、みなさんはペナルティとして「遅延損害金」を支払わなければなりません。

SMBCモビットでも返済が遅れた時は遅延損害金の支払いがルールとなっています。次はカードローンの遅延損害金について詳しく見ていくことにしましょう。

【関連記事】

SMBCモビットへの返済が遅れた!今自分がやるべき3つのこと

いくら支払えばいいの?カードローンの「遅延損害金」

カードローンの遅延損害金は「遅延利息」とも呼ばれています。各業者ごとに借入利率が定められていますが、遅延損害金の支払いのために「遅延損害利率」もあらかじめ決められているんですよ。

SMBCモビットの借入利率(実質年率)は年3.0%〜年18.0%、遅延利率は20.0%(実質年率)となっています。

借入利率をもとに利息を計算するのと同様に、遅延損害利率をもとに遅延利息が計算されます。遅延していた返済額を支払う場合は、遅延利息も併せて支払わなければなりませんので、ご注意くださいね。

年20%超えの利率はルール違反

SMBCモビットをはじめとした大手消費者金融では、遅延損害利率を年20.0%としていることが多く見られていますが、これはカードローンの上限金利が年20%となっていることが影響しています。

「利息制限法」というルールによって、カードローンの金利は年20%を超える利率を設定することが認められていません。

ルールとして定められている上限金利を遅延損害利率として設定することで、返済の遅延をすることはそれだけ大きなトラブルだと見ることもできるでしょう。決して小さなトラブルではないんですよ。

まずは計画的な返済を心がけることが必要不可欠ですが、もし返済を遅延してしまった場合は、すぐにSMBCモビットに連絡し、遅延損害金を含めた返済金額を支払うようにしましょう。

連絡しなかった場合はどうなる?電話や郵送で督促されるケース

では、カードローンの返済を遅延していることに気付いているにもかかわらず無視していたり、SMBCモビット側に連絡を入れなかったらどうなってしまうのでしょうか?

「遅延しているのに連絡を入れない」という行為は絶対に避けておきたいことですが、もしそのような行動に出た場合は、SMBCモビット側が動くことになります。

  • 郵送で督促状を出す
  • 電話で直接督促の連絡をする
  • カードローンを利用停止にする

郵送や電話による督促は珍しいことではありません。SMBCモビットのような安全な金融業者では、違法な取り立ては行っていませんのでご安心くださいね。この段階で遅延していた返済額を支払うことができれば、トラブルは最小限に抑えることが可能です。

訴訟問題、裁判を起こされる恐れも

しかし、郵送で督促の書面が届く、電話で遅延している返済額を支払うよう督促される…といった状況にあるにもかかわらず、その督促も無視するとなると、業者側も適切な対処をしなければなりません。

督促も無視した利用者には、カードローンを利用停止にするという処分を言い渡すこともあります。返済しない限り借入はできないというわけです。

さらにトラブルが進行すると、訴訟問題になるなど裁判を起こされるケースもありますので、返済の遅延を安易に考えないようにしてくださいね。トラブルが起きてしまったら、最小限に止める努力をしましょう。

返済の遅延を防ぐ!計画的なカードローン利用を心がけて

SMBCモビットのカードローンをはじめ、大手消費者金融のサービスでお金を借りる際には、まず「計画的な借入・返済」ができなくては正しく利用することができません。

  • 借りるのは必要な金額のみ
  • 収入面とのバランスを考える
  • 実行可能な返済プランを立てる

カードローンを利用するなら、以上のポイントを踏まえた上で、計画的にお金を借りるよう注意しておきましょう。もしも万が一、返済を遅延することになってしまった場合は、こちらでお話しした内容を参考に、適切な対処を取ってくださいね。

また、カードローン返済を何度も遅延する、遅延したまま放置、金融業者からの連絡も無視、というような問題行動を取ると、結果的に金融ブラックになってしまうことも考えられます。

今後も変わりなくカードローンを使っていきたいなら、安全な借入・返済を心がけることが第一ですよ。

閉じる
閉じる