SMBCモビット審査を攻略!審査落ち回避の法則とは?

SMBCモビットカードローンの適用利率は何が決め手になってる?

消費者金融のカードローンの多くは、利率が下限〜上限まで決められています。下限の利率から上限の利率までは数字に幅があるため、「実際にカードローンでお金を借りる時の利率は何%なの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

ここではSMBCモビットのカードローンにおける適用利率について見ていくことにしましょう。基本の利率は何%に設定されているのか、といったポイントはもちろん、利用者個人に設定される利率の決め手もチェックしてみてください。

カードローン利率は様々な要因によって決められることになるので、自分の利率はどのようにして決定されるようになっているのか、よく理解しておくと良いでしょう。

利率は何%?SMBCモビットのカードローンは年率で計算

まずはSMBCモビットの基本的なカードローン利率からご紹介していきたいと思います。

SMBCモビットでは、年3.0%〜年18.0%が基本的な実質年率となっています。年率で計算されていることが特徴的ですね。

下限利率は年3.0%まで、上限利率は年18.0%までと決められていますが、上限利率に関しては消費者金融としては平均的な利率です。下限利率は平均から見ると少々低めの設定ですね。

「遅延損害利率」にも注意!

ちなみに「利息制限法」によって決められている上限利率は年20.0%です。

中堅消費者金融などは法定金利である年20.0%をカードローン利率の上限としているケースも多いですが、SMBCモビットのような大手消費者金融では上限年18.0%が基本となっています。

ただし、カードローンの返済を延滞したり、何らかの問題により借金を完済することができなくなってしまった場合は、元本に対して年20.0%の賠償額を支払わなければなりません。

これは「遅延損害金(遅延損害利率)」とも呼ばれます。カードローンでお金を借りる際には、延滞などしないよう十分ご注意くださいね。

【関連記事】

SMBCモビットへの返済が遅れた!今自分がやるべき3つのこと

カードローンでいくらまで借りる?限度額も大きな決め手に

では、ここからはSMBCモビットのカードローンを契約する際に、利用者ごとに適用される利率の決め手について見ていきたいと思います。

カードローン利率に特に大きく関わっているのが、カードローンの限度額です。借入できる金額の範囲を表したものですね。

SMBCモビットでは最大で800万円の借入が可能ですが、もちろんいくらまで借入できるかは審査によって決まりますので、誰しもが800万円まで融資を受けられるわけではありません。主に収入や借金状況から限度額が設定されます。

  • SMBCモビットの限度額上限は800万円
  • 限度額は審査によって決まる
  • 収入や借金状況が限度額に関わる

まずは以上のポイントをチェックしておいてください。

100万円以上の借入は利率が下がる!

SMBCモビットのカードローン実質年率は、年3.0%〜年18.0%ですが、審査ではこの利率の範囲内でそれぞれの利用者に合わせた利率を設定していくことになります。

100万円以下の限度額となる場合は、基本的に年18.0%の利率になりますが、限度額が100万円を超えると利率の上限が年15.0%まで下がります。

これも先ほどご紹介した「利息制限法」によるルールです。カードローンで100万円以上を借りる場合の利率は、年15.0%までと制限されているため、年15.0%を超えた利率はかからないようになっているのです。

適用利率は契約するまで分からない!すべては審査次第

以上でお話ししてきたとおり、カードローンの適用利率は主に限度額によって決まることになっています。SMBCモビットにおける限度額の上限は800万円までと決められてはいますが、実際にいくらまで借りられるかは審査次第です。

つまり、カードローン限度額に左右される適用利率に関しても、カードローン契約が完了するまで分からない、すべては審査次第ということになりますね。

申し込みをする前の段階では適用される限度額も利率も分からない状態ですので、まずはSMBCモビットのカードローン申し込み手続きを始めてみてください。

カードローン利率は利息にどう関わる?

カードローンの申し込み後、審査を受けて、無事に審査に通過することができれば、みなさんご自身に設定された限度額と利率を知ることができます。

審査落ちしてしまった場合は仕方がありませんが、審査をクリアすることができれば、カードローン限度額は全員に設定されます。その限度額に応じた利率をしっかりチェックし、利息計算などに活用してください。

カードローンの利息は返済金額と併せて支払うべきものとなっています。カードローンの利用手数料な位置づけですね。利息の計算には利率が関係していますので、利率が異なれば利息も異なります。

一般的には利率が高い場合は利息もその分高くなりますが、利息計算には他の要素も絡んでくるので、一概には言えません。利率が低い場合でも利息が嵩まないよう注意しておきましょう。

自分が納得できる利率のカードローンを選ぶことが大切

いかがでしたか?SMBCモビットでカードローンを利用するにあたって、利率への理解は避けられないものです。

カードローンは借りたお金をそのまま返せば良いわけではなく、利息の支払いが義務となります。その利息の支払いに大きく関わっているのが利率ということを忘れないようにしましょう。

カードローンの適用利率は人それぞれ異なるものですし、SMBCモビット以外の他社カードローンで借入をする場合も利率はまた違った数字になります。他社には他社の利率がある、ということも覚えておきましょうね。

他社の利率とも比較してみて

同じ大手消費者金融同士であっても、SMBCモビットよりも利率が高いこともあれば、反対に利率が低いこともあります。カードローンの申し込みをする前には、SMBCモビットと他社の利率を比較してみることもおすすめですよ。

利率は利息に関係してくるものでもありますので、みなさんの金銭的な負担にも影響を与えます。ぜひご自身が納得できる利率のカードローンを選んでみてくださいね。

閉じる
閉じる