SMBCモビット審査を攻略!審査落ち回避の法則とは?

他社借入があっても大丈夫?SMBCモビットのカードローン審査

SMBCモビットのカードローンを契約したい!でも、今は他の消費者金融で借りてるし…。とお悩みの方はいませんか?このように既に他社借入がある状況で、新規でカードローンの契約をするとなると、少々審査に通過しにくくなる傾向があります。

ここでは他社借入がある場合にSMBCモビットのカードローン審査を受ける方に向けての注意点をお話ししていきたいと思います。契約の前に他社借入をどうするべきか?よく考えておきましょう。

また、審査に通過するための条件や消費者金融のカードローンを利用する上での「総量規制」というルールについてもよく理解しておく必要がありますね。SMBCモビットに申し込みをする前にチェックしておきましょう。

ここに気をつけて!SMBCモビットの審査に通過するには

まずはSMBCモビットのカードローン審査における基本的な条件についてご紹介していきたいと思います。カードローン審査に通過するためには、次の条件を満たしていることが必要となります。

  • 年齢が満20歳〜69歳
  • 安定した仕事・収入があること
  • SMBCモビットの審査基準を満たしていること

カードローンの審査では年齢、仕事・収入といった条件はもちろんチェックされますし、その他にも様々な面を考慮してSMBCモビット側の判断によって結果が割り出されます。

公表されていない細かい審査条件もありますので、最終的にはSMBCモビットからカードローン利用を認められるかどうかが重要なポイントですね。

他社借入があると審査に通りにくい?

SMBCモビットのカードローン審査条件において、公にされていない条件の中には「他社で借入をしていないこと」も挙げられます。他社借入があると審査に通過しにくくなってしまいます。次のような状況にある場合は特にご注意ください。

  • 他社借入が複数ある
  • 他社で高額を借りている
  • 他社への返済に困っている

他社借入をしている方はそれぞれ違った状況にあることかと思いますが、問題なく返済することができていたとしても、他社借入をしているという事実に変わりはありません。

また、消費者金融には「総量規制」というルールがあります。総量規制に引っかかると、これ以上の借入は不可とされてしまいます。

特に高額を借りている方は注意が必要ですので、カードローンを利用する際は総量規制の範囲内に抑えるよう十分気をつけていきましょう。

他社借入が影響する?カードローンの「総量規制」

カードローンの「総量規制」とは、貸金業法における「年収の3分の1以上の借入はできない」というルールです。

これは消費者金融のカードローンに当てはまるものとなっています。銀行のカードローンは総量規制の対象外です。消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法によるカードローンのサービスとなっているため、銀行には総量規制はないのです。

現在SMBCモビットのカードローンを契約する段階で、既に他社の消費者金融で借入しているという場合、カードローンで年収の3分の1以上の借入をしていないかよく確認しておきましょう。

まだ年収の3分の1には到達していないとしても、SMBCモビットで新規契約することで総量規制を超えてしまうようなら、SMBCモビットの審査を受けても通過することは難しいでしょう。

総量規制を超えたら利用停止!

他社借入だけでは総量規制を超えていないけれど、SMBCモビットでカードローンを利用することによって総量規制超えになってしまった場合、これ以上借入をすることはできません。

SMBCモビットでの借入はもちろん、既に利用している他社のカードローンでも借入はできなくなってしまうのです。

カードローンが利用停止される原因は多々ありますが、総量規制が関係していることも珍しくありません。総量規制の影響によって利用停止されないようにするためには、次のポイントにご注意ください。

  • 年収と借入のバランスに注意する
  • こまめに返済をする
  • 必要以上の借入は避ける

カードローンには「追加返済」というサービスもあるため、月々の約定返済日以外にも返済することが可能です。こまめに返済をすることで限度額が戻り、総量規制超えを避けることができますよ。

【おすすめの記事】

解除できる?もしもSMBCモビットから利用停止されてしまったら

他社借入は完済しておくと◎新規で契約をする前の準備

もちろん、こまめな返済だけではなく、他社借入を先に完済してからSMBCモビットでカードローンの契約をするという方法もあります。

他社借入を完済してから申し込みをした方が、SMBCモビットのカードローン審査に通過する可能性は高いでしょう。

より確実にSMBCモビットの審査通過を狙うなら、他社借入は早めに完済しておくことをおすすめします。既存の借入は新規でカードローンを契約する際の準備のひとつと言えますね。

完済することで高まる信用性

他社借入をしていた経験があっても、問題なく返済できており、無事に完済することができていれば、カードローン利用者としての信用は高まります。

  • 月々の返済に滞りがなかった
  • 無事に完済をすることができた
  • 収入状況にも問題がない

延滞をした経験がなく、完済しているという事実だけではなく、現在の収入状況に問題がないということも新規契約時の信用性には大きく関わっています。また、次のような証明書の発行もおすすめですよ。

  • 完済証明書
  • 解約証明書

他社借入を完済した証明書となるのが「完済証明書」、カードローン自体を解約した証明書となるのが「解約証明書」となります。

新規でカードローンを契約する場合は、完済証明書と共に解約証明書の発行もしておくと「既にカードローンを解約している」という証明になりますので、ぜひ発行してみてくださいね。

SMBCモビットと利用中のカードローンを比較してみて

他社借入中の方がSMBCモビットのカードローンを新規契約する際には、以上でご紹介してきた注意点を参考に、審査に通過することができるよう準備をしていくことが大切です。

また、現在利用中のカードローンとSMBCモビットのカードローンを比較することもおすすめです。どちらのカードローンの方がサービス内容として自分に合っているのか、よく考えてから新規での申し込みを決めると良いでしょう。

閉じる
閉じる